医療脱毛を賢く選ぶおすすめの方法

人気で選ぶ!賢い医療脱毛の選び方

賢く医療脱毛へ通うために、各脱毛クリニックでチェックしておきたい3つのポイントを伝授します。

医療脱毛とは何?クリニックで主流の脱毛方法について

医療脱毛とは?

医療脱毛とは、医療法で定められた医療提供施設で行う脱毛行為のことです。厳密には、ニードルとレーザーの2つの脱毛方法がありますが、現在クリニックで主流となっているのはレーザー脱毛です。

レーザー脱毛は、肌にレーザーを照射し毛根組織に熱ダメージを与えて、毛の再生を抑制していきます。肌や痛さの負担を極力抑えた、人気の医療脱毛です。

(※)出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』日本における医療機関

クリニックの選び方とメリットとデメリットについて

医療脱毛は、1回通って終わりではありません。医療レーザー脱毛のコースは、2ヶ月に1回脱毛クリニックへ来店するペースで組まれていて、5回(約1年間)で1コースが終了するというのがスタンダードです。

少なくとも半年(約3回)、脱毛がはじめての人ならば1年間(約5回)は同じクリニックへ通い、少しずつ綺麗な肌にしていきます。

医療脱毛で毛が綺麗になるイメージ

長く付き合う場所だからこそ、自分との相性が合う脱毛クリニックを、できるだけ時間をかけず選ぶことが大切です。

自分との相性がよい脱毛クリニックとは、以下の3つを意味します。

①医療脱毛のコース料金が自分の希望価格と相違ない

脱毛クリニックを選ぶ時は、まず医療脱毛の相場を把握した上で、各クリニックのコース料金をチェック。

自分が希望する仕上がりの状態になるために、どのコースを選べばよいのか、追加コースは必要か、シミュレーションしてみましょう。

また、表示されているコース料金の他に、麻酔料金、再診料、シェービング料金、予約キャンセル料金が必要なクリニックもあります。これらの追加料金と合わせたコース全体の料金が、自分の考える美容代の出費として妥当かどうか、判断してみてください。

②医師や看護師などスタッフの対応がよく技術が高い

医療レーザー脱毛は、施術する医師や看護師の技術の高さ・丁寧さが、脱毛効果を左右するケースもあります。

実際の施術は、レーザー脱毛機の照射面を肌に当てて、脱毛を希望する範囲を照射していきます。この際、スタッフの技術しだいではレーザーの打ち漏れが発生することがあります。照射が漏れた部分は毛が抜けないため、1回分の脱毛がムダになってしまいます。

打ち漏れを避ける方法として、施術前にマーキングをする・照射部位を往復するなどの対策はありますが、それでも凹凸の多い部位の照射はスタッフの技術力が必要です。

初回のカウンセリング時にテスト照射ができる脱毛クリニックだと、感触が掴みやすいのでオススメです。

③便利な場所に立地し、通うのが億劫ではない

医療レーザー脱毛は、施術した当日に効果を感じられるわけではありません。そのため徐々にモチベーションが下がり、ついつい通うこと自体が億劫になりがち。行きづらい位置にある脱毛クリニックだと、余計に通うことが負担に感じてしまいます。

脱毛通いが面倒にならないために、自宅・職場・学校などできるだけ自分の行動範囲内で、かつ営業時間や休日がクリニックを探すことがポイントです。

またリエピでは、脱毛クリニック選びに時間をかけず、かつ後悔のない脱毛通いができることを目的に、厳選した脱毛クリニックリストを提供しています。効率的な医療脱毛選びの参考にしてください。

> 医療脱毛を賢く選ぶおすすめの方法