全身の医療脱毛が安い?全身脱毛の料金・回数表

 2019/08/22

この記事をシェア

Twitter
facebook
はてぶ
LINE

全身脱毛とは、ワキや腕、足、背中、おしり、二の腕、指など、数ヶ所をまとめて一気に脱毛できる効率的なセットコースのこと。

しかし、医療の全身脱毛料金は平均30万円代と高額!
そもそも脱毛に30万円も出せない」「お金が貯まるまでは通えない」と考え、なかなか通い出せずにいる人も…。

実は、他の部分脱毛よりも全身脱毛の方が安いことを知らない人が多いのです。

なぜ30万円もする全身脱毛が「安い」のか。
当記事で実際のクリニックの全身脱毛料金・回数表を確認し、医療脱毛選びのヒントにしてください。

医療脱毛の全身脱毛コースの料金・回数一覧

医療脱毛の全身脱毛コース料金一覧

実際に世の中の脱毛クリニックの料金はいくらなのか、料金をまとめました。

関東を中心に展開している脱毛クリニックを抜粋し、全身脱毛コースの料金・回数の一覧表です。

表はスライドしてご覧いただけます
クリニック名 全身のみ 全身+顔 全身+VIO 全身+顔+VIO
レジーナクリニック 204,120円 294,840円 398,520円
リゼクリニック 298,000円 358,000円 358,000円 398,000円
フレイアクリニック 170,640円 調査中 調査中 調査中
アリシアクリニック 213,840円 278,640円 262,440円 327,240円
湘南美容クリニック 240,000円 348,000円

全身脱毛コースは基本的に4種類

基本的な全身脱毛コースでは、顔とVIOを含みません。
体のみの全身脱毛コースは、顔・VIOを含む全身脱毛コースよりも、10万円ほど安く脱毛することができます。

全身脱毛の平均料金【医療脱毛5回】

上記の脱毛クリニックを含む数院のコース料金から、全身脱毛料金の平均額を算出しました。

医療脱毛の全身脱毛コース平均料金

全身のみ 5回 約24万円
全身+顔 5回 約33万円
全身+VIO 5回 約34万円
全身+VIO+顔 5回 約35万円

顔とVIOを含む全身脱毛と、顔・VIOどちらも含まない時の全身脱毛料金では、約10万円ほどの開きがありました。

顔もVIOも脱毛の必要がない人は、20万円代で脱毛することができます。

コースの回数を決める基準

また、部位によって毛質や毛量が異なるため、コースが終了した後に回数を追加することができます。

中には脱毛し放題コースを設けているクリニックもありますが、平均で5~8回でコースを終了する人がほとんどです。

部分脱毛よりも全身脱毛が安い理由

平均金額が24~35万円の全身脱毛ですが、それでも他の部分脱毛と比べると、安いことが分かっています。

部分脱毛とは、足、腕、ワキなどそれぞれ部分的に脱毛すること。

全身脱毛コースで脱毛できる体の部位数は、約20~25部位が基本です。
例えば、全身脱毛(顔・VIO含む)の平均料金を部位数で割った場合、1部位あたりの料金は5回で17,500~14,000円となります。

ところが、部分脱毛コースを選んだ場合、1部位あたりの料金は5回あたり30,000~70,000円と高くなってしまいます。

全身脱毛と部分脱毛のコストの違い

たくさん脱毛する人ほどお得になる仕組み

より多くの部位数を含むコースの方が、1部位あたりの料金は下がり、コストパフォーマンス的には優れるということです。

さらに、何ヶ所かをまとめたセットコースの場合も、全身脱毛に比べると実は割高に。

医療脱毛のセットコース平均料金

顔全体の脱毛 5回 約11万円
VIO全体の脱毛 5回 約10万円
下半身の脱毛 5回 約14万円
上半身の脱毛 5回 約10万円

もしも顔+VIO+上半身+下半身のセットコースを組み合わせ脱毛した場合、合計金額は約45万円。
顔・VIOを含む全身脱毛コースの平均より、10万円も高くなってしまいます。

いずれ脱毛する可能性が何ヶ所もあるならば、はじめから脱毛範囲が広い全身脱毛を選んだ方が、最終的な出費が少なく済むというのを覚えておくこと!

クリニックで全身脱毛をするメリット・デメリット

医療の全身脱毛コースにおけるメリットとデメリット

コスパに優れているとは言え、30万円の出費をすぐに決断できる人は、そうはいません。

そこで、リエピ編集部独自の目線で考えた「クリニックで全身脱毛をすること」の良い点・ダメな点を紹介します。本当に医療の全身脱毛へ通う価値があるのか、見極めるポイントを抑えてください。

医療脱毛で全身脱毛をするメリット
  • 境い目なく隅々まで脱毛できる
  • 脱毛済みの部位と脱毛していない部位との境目がなく、最初から隅々まで脱毛できるのが全身脱毛。後から「この部位も脱毛すればよかった」という後悔がありません。
医療の全身脱毛のデメリット
  • 平均でも30万程度はかかる
  • 美容代に30万円を出せる気持ちがなければ、医療の全身脱毛には通えません。脱毛済みの部位が数ヶ所ある場合は、3回など短めのコースから始めると◎。

  • 施術の所要時間が長い
  • 90~120分ほどかかるため、ある程度まとまった時間が取れるときに通うことになる。

  • 部位によってコースの期間が多少異なる
  • 全部位を同じ日に施術するため、毛量の違いに左右される機器の場合、コースの完了期間が異なります。追加照射・部位ごとに回数の追加などの微調整が必要。全体的に毛量が多い人は、5~8回程度の全身脱毛がオススメ。

全身脱毛はある程度の費用がかかる・施術時間が少し長い・部位によって期間が異なる…という難点があります。このデメリットを理解したうえで通いたいと思える人が、後悔なく全身脱毛をスタートできるのです。

全身脱毛に通うと決めた人は、あとは生活圏内にある自分に合った脱毛クリニックを選ぶだけ!

最後の脱毛通いにするなら医療の全身脱毛!

全身の中でも、背中やお腹などの部位は脱毛する必要がない、という場合もあります。その場合は無理に全身脱毛にせず、パーツごとにコースを組み合わせて脱毛をしましょう。

医療脱毛で全身脱毛をするのに向いているのは、

  • 脱毛自体がそもそもはじめての人
  • 何度も脱毛したけれど効果に満足していない人
  • 多少の費用がかかっても、とにかく隅々まで効率よくキレイになりたい人

これらに該当する人です。

複数の部位をキレイにしたい人は全身脱毛を

脱毛したい範囲を明確にし、合計何ヶ所もあるようなら全身脱毛を選ぶこと!

もう何度も通い直すのは苦痛だから、これで脱毛通いを最後にしたい!と考えている人こそ、医療脱毛の全身脱毛がおすすめです。

> 医療脱毛の部位別費用まとめ > 全身の医療脱毛が安い?全身脱毛の料金・回数表